淋病の症状

ウィルス

淋病は性感染症の一つで、淋菌に感染することで起こる性病です。
通常、性行為やオーラルセックスにより感染しますが、タオルからの感染や、出産による母子感染もありえます。
感染する箇所は、男女ともに性器または咽頭です。
自覚症状がある場合は感染してから数時間から数日で症状を発症します。

性器に感染した場合、男性は淋菌性尿道炎を起こし、女性は子宮頚管炎を起こします。
男性が淋菌性尿道炎を起こすと、尿道内に強い炎症を起こし尿道内が狭くなることで、激しい痛みや尿の出にくさを感じるようになります。
症状が進むと性器の先から大量の膿が出てくることもあります。

女性が感染した場合は、男性のように自覚症状がでることは少なく、症状があったとしても淋病特有のものではないため、膀胱炎や膣炎として診断されてしまうこともあります。
しかし例え無自覚でもそのまま放っておくと、菌が骨盤内膜や卵巣、卵管にまで進み、不妊症や子宮外妊娠の原因になることがあります。
淋病に感染したままの状態で妊娠、出産した場合生まれた子供にも感染し、淋菌性結膜炎を起こさせ失明の原因にもなります。

咽頭に感染した場合も自覚症状が出にくく、気づかないまま再び他人に移してしまう可能性があります。
淋病は一度治っても、再び感染することがあるため、パートナー同士で同時に治療を始め治さなければ、その後もお互いに移し合いいつまで経っても完治しないことになりえます。

淋病は性感染症であるため、性行為をする際必ずコンドームを使用することや、不特定多数の相手と性行為をしないようにすることは、大きな予防効果があります。
しかし、それでも一度淋病に罹ってしまえば市販の薬では治らないため、専用の抗生物質での治療が必要となります。

しかし淋菌の治療に多くの抗生物質が使われ続けた結果、淋菌の中には今までの抗生物質に耐性を持ったものも現れ始めました。
治療を完璧にする上でも、新しく開発された抗生物質が有効です。

淋病に効くレボクインの効果と副作用

レボクインは、細菌や性病による感染症を治療するために開発された新しい抗生物質です。
まだ新しい点からも抗体を持った菌が少ないため、淋病の治療薬として効果的です。
レボクインの主成分はレボフロキサシン水和物です。
種類としてはニューキノロン系抗菌薬であり、細菌にのみ効果を発しヒトの正常な細胞には作用しないため、人体に副作用がでにくく、感染症などの症状を素早く治癒することができます。

レボフロキサシン水和物は、細菌の増殖を止め原因菌を殺菌することで効果を発揮します。
副作用がでにくいことや、他の抗生物質にはアレルギー反応を起こす人にも使えることから、淋病を含む、多くの細菌による感染症の治療薬として国内で幅広く使用されています。
レボクインは、500mgの場合一日一回、250mgの場合は一日二回服用します。
症状によっても違いますが通常一週間から二週間連続服用することが必要です。

レボクインは副作用が少ないことで知られていますが、報告されている副作用としては、発疹、かゆみなどの皮膚症状、軟便や下痢、吐き気、めまい、けいれん、頭痛、眠気などがあります。
淋病治療薬の中でも、特に副作用が少ないため、重篤な副作用が起こることは極めてまれと言えます。

ただし、他の薬との飲み合わせによっては副作用がより起きやすくなることもあるため、注意が必要です。
フェルニ酢酸系やプロピオン酸系の消炎鎮痛剤と併用すると、けいれんが起きやすくなる場合があるので気を付けましょう。
また妊娠している可能性のある女性や妊婦や授乳中の女性は服用してはいけません。

レボクインの効果と副作用をよく理解し正しく服用することで、淋病を効果的に治療することができます。

関連記事
  • 主な性病の検査の仕方 性病には自分では症状に気が付かないものもあるため、まずは検査をしてその有無を確かめることになります。... 2019年08月27日
  • 考えている男性
    カンジダの症状 カンジダ菌は常に体に存在する常在菌のひとつなので、カンジダ膣炎を発症しても症状がでないことがまれにあ... 2019年03月24日
  • クラミジアの症状 クラミジアは、1回の性行為で約50%の確率で感染する性感染症であり感染後1週間~2週間程度の潜伏期間... 2019年05月03日
  • HIV・エイズとは エイズとは後天性免疫不全症候群と言い、性行為などによって感染する性感染症です。 性行為だけでなく、血... 2019年06月10日
  • 病原体
    ヘルペスの症状 皮膚に突然できる水疱はヘルペスの症状です。 ヘルペスの始まりは、むず痒い症状とともに水疱が現れ、それ... 2019年02月18日
最近の投稿
サイト内検索